SoBお返事コーナー - STORM of BULLET - Official Site -
FC2ブログ

STORM of BULLET - Official Site -

 RPGツクールで大人向け(18禁)かつ銃と戦車なRPGを作っているサイト。
 

SoBお返事コーナー

皆さん励ましてくれてあがたう!
感謝感謝です(-人-)


>義男
>ストームオブバレット楽しく遊ばせてもらいました。
>難度は確かに高いですが 不条理ではないと思います(個人的にはもっと高くてもいいかと)。
>要望なのですがイベント分岐やマルチエンディング、
>ステキだなと思います。いやとてもステキです。
>口で言うのは簡単ですから実行しようものなら時間がいくら合っても足りなくなると思われます。
>ファンのひとり言程度に聞いておいてください笑
>続編期待してます 
>【 年 齢 】:29 歳
>【 性 別 】:男性

どうも初めまして。
楽しんでもらえて嬉しいです(´-`)
要望ですがSoBではコンセプト的に一本道を想定してます。
細かい選択肢や分岐をやってしまうと、
確実に物語の長さが短くなります(一人で出来る作業量の問題で)
逆に幅が広くなる利点があります。
というわけで今回は物語の長さを選ばせて頂きました。
ですが、分岐という観点から言えば実は体験版がそれを兼ねております。
体験版を戦い抜き、次の地獄さえも乗り越えてみせるという人達は、
きっとこんな戦い(本編)を堂々と繰り広げるに違いないという考え方で制作してます。


>鈴兵衛
>私としては裏話や語られなかった設定などを
>題材とした短編でもみれればと思います。それではご精進を。

ほうほう。世の中には公式にファン用の作品とかありますもんね。
ちなみに個人的にはどんなに好きな作品でも
ファン用作品というものに手を出したことがありません。
本編に関係ないことはどうしても興味が沸かないと申しますか不思議な性格です。
なのでもし何かやるときは本編の流れに意味のあるものをやりたいですな(´-`)


>アイギス
>こんにちは。
>おお、こういう設定になっておりますかw
>ますます楽しみです。
>そういえば、主人公のランクは体験版終了時でEランクでしたよね?
>中央都市に入れるようになるのがCランクと記憶してますので、
>少なくとも2ランク足らないはず。ロボゾよどんな裏技使ったんだ・・・?
>本編ではロボゾやジェイルのような漢と書いて男と読むような
>格好良い男性キャラも登場すると期待してます。
>プレッシャーに感じてしまったら御免なさい。
>応援のメールしか出来ないのが悔しいところですが、体調に気をつけて頑張って下さい。

どうもこんちは!
現在の設定的にはスラム街のある門側の地域は
格下扱いになっているので通行の規制が厳しいんです。
正しいルートで行き来するには厳しいというだけで
見込みのある人間ならジェイルの判断でランク無しでも連れて帰ると思います。
本編では格好良い漢達がたくさん出てきますよん(´-`)
ハーレムなので主人公のまわりは女まみれですが、
一方で傭兵団や陸軍は格好良い漢達がたくさんいます。
そいつらと肩を並べて堂々と渡り合える漢に成長してもらえればと思ってます(´∀`)>ケイレイ!


>huhihi
>小説ですか・・・とっても読みたいですw
>ぬるくない、かといって一つしか勝利への答えがないなんてことはないゲーム性も大好物ですが
>なんといってもSOBにハマった理由はストーリーなのでw
>世界観もさることながら登場人物の台詞がいちいちかっこいいですし、
>なんといっても正義だ悪だそんなもんは自分で決めろっていうスタンスに痺れたもので
>応援することしか私にはできませんが・・・何年かかってでも
>本編は公開初日にプレイさせて頂くつもりですw
>創作が苦にならない範囲でがんばってください
>もし本編を出さなかったら一生恨みますが!w

どうもです。応援ありがとうです(`x´)>ケイレイ!
書くとしたらふざけた内容になりそうですがw
分岐のあるゲームは、まさに集団チームだからこその作品でしょうね。うらますぃ(´-`)
本編は絶対に出しますのでご安心を!


>kouchansama
>やぁ、おはこんばんちわ!世界の中心でエゴを叫び続ける変態紳士、拙僧でござるYO!
>短編を出すというのは個人的には良いと思いますねー。

やあ! おはこんばんちわん!
いつも励ましてくれてありがとう(´-`)/
ニヤニヤしながら読ませて頂きました。
SoBとは関係ないファンタジー要素のある短編を考えてるんですが、
考えているだけでワクワクしてリフレッシュ効果抜群です!
どうやらオイラは妄想するのが人生の糧のようですw
SoBはプロットを仕上げてしまったので
妄想する余地が少なくなっていたということなんでしょうね(´-`)


>ぐな
>製作、ご苦労様です。漸く暑さも和らぎ秋めいてきましたが、気温差により体調を崩されませぬよう。
>DL数7000は、一プレイヤーとしては成るべくして成ったかな、と思わせる数字ではありますが、
>私の感覚は麻痺しているようですので、考えてみることに。
>私が住んでおります街は、人口数百人程の小さな街です。
>大勢の人を見る機会がありましても、せいぜい1000人ぐらいでしょう。
>その様な事を思いつつ、色々な人の評価と共に認知されている(であろう)この作品の、
>結果の7000という数字をあらためて見ると、途方も無いものに感じられます。
>農家が良い作物を作りますと、多くの虫は見逃しません。生きるために必要な連鎖であり、
>また「虫が付くほど美味しい野菜」と言う言葉もあります。
>故にトサポン太さんの作られましたこの作品は、私たちプレイヤーにとって、
>「楽しい日常」を得るために必要な栄養なのでしょうね。
>拙い表現にてお茶を濁してしまいました。末筆ですが、どうぞ自愛のほどを。

どうもこんにちはです(´-`)>
いつも応援ありがとうございます。
最近の都会は一日で暑いのと寒いのが切り替わるので
もう少しなだらかに季節が変化していく様を楽しませて欲しいです(^^;
人数はほんと想像力が欠如してましたねー。
リアルに考えたら凄いことですよね。
本編に関係ないことを作るのは苦手なので全く別作品を妄想してます。


>龍使い
>ども、お久しぶりの龍使いです。
>SoB本編の公開を楽しみにしつつ、定期的にブログを見にきていますw
>それで、新しいSoBの情報が見れたので、書き込みますねw

>>一人寂しく料理したりロックバーボンあおったりタバコをふかしたり
>>静かに寝たり、起きて狩りに出かけたりと
>>物寂しさ満点ですが(これはこれで楽しんでもらいたいな)

>いやいやいや、これはこれで序盤としては良い感じじゃないかなとw
>なんというか、ハードボイルドっぽくてw

>>でも、正直な話、どうあがいても気力が萎えて作れない日っていうのが出てくるんですよね。

>……その辺はよ~く分かります。 自分も現在進行系でネットの相方とゲーム製作してますし。
>そー言う時は仕方ないと言えば仕方ないですが、多少の事で上げるようにするなら、
>やはり人に話すと言うのがベストかと。
>SoBはプレイヤー全員が同時スタートということで、公開情報が限られてますが、
>それをある程度……例えば序盤の変異種の種類とか、
>そう言ったのを少しずつ公開していけば、
>多少はモチベが上がって良いんじゃないかな~……とは思ってたり。
>自分もそうやってモチベ上げてた経験ありますし。
>深く入り過ぎない形で、序盤の情報をちょっとずつ話していけば、自身の負担も減りますし。
>人によりますが、ゲーム製作やってる以上、
>話したい欲求を抑えすぎると毒にしかなりませんから(汗
>それが無理なら、そちらが言ってるように短編のゲームを作るとか、
>SoB第一部を使ってSSを書くとか……やり方はそれぞれですね。
>どんな形にしても、トサポン太さんの作品は面白そうですし、見つけたら読むかプレイしますよw
>それでは、長々と書きましたがこれにて

どうもお久しぶりです(´-`)/
いつも遊びに来てくれてありがとうございますん。
いや、ほんと全くその通りw
やはり同じような悩みが出ちゃうんですな。
今回、内容を少し喋り始めた事と、短編ゲームの妄想でだいぶ癒されてます。
話過ぎも良くないですが全然話さないのも良くないんですね。
本編の楽しみを守るためにもと普通に考えていたんですが
体に毒が溜まってから始めて知りました(´-`)
龍使いさんも共同作業中とのことでうらやますぃw
どうぞ仲良く楽しく頑張って下さいね(^^)


>ラダイル
>地獄を越えたら大きな拠点が与えられる・・・ですと?
>ヤバイ、凄い楽しみ。だだっ広いところに戦車や武器を所狭しと並べて悦に入ったりしてみたい
>まぁ、並べるなんていうのは普通無理でしょうけど広い場所、
>大量の武器、戦車ときたら並べてみたいとおもうのは普通でしょう。・・・普通ですよね?
>と、とりあえず制作が進んでるようで何よりです。完成のんびりと待ってますね

うは!その発想は無かったw><
でも、そういう鉄くさい拠点ではないので
たぶんできないと思います。申し訳ないです。
拠点は戦いの疲れを癒しに帰ってくる空間になると思います。
 
 
作品

STORM of BULLET
Episode0
EpisodeⅠ
・EpisodeⅡ
 
プロフィール

名前:トサポン太
SoBの作者です。

 
Enty
【 差し入れをする 】
(作品のみ購入可能)
 
検索フォーム
 
管理人用
 
DLsite 24hランキング
Top
Copyright © トサポン太 / Designed by Paroday