SoBお返事コーナー - STORM of BULLET - Official Site -
FC2ブログ

STORM of BULLET - Official Site -

 RPGツクールで大人向け(18禁)かつ銃と戦車なRPGを作っているサイト。
 

SoBお返事コーナー

>封筒職人さんへ

お便りを拝見致しました。
その症状についてはSoB1ページの修正情報のページに記載してありますので
もし宜しければ一度ご覧になって頂ければ助かります。
ちなみにマカフィーなどのセキュリティソフトの設定かと思いますが、
もし設定にネット接続の許可などがある場合は
「wfcrypta.dll」を許可するという方法もあるそうです。


>和さんへ

寒さ対策は貧乏で申し訳ない(^^;
いつもの愛用マフラー&半纏&手袋で頑張りますw


>かのん
>やった!いつできるかな、楽しみです。
>強くなりすぎたデータと普通程度の強さのデータと分けてあるので
>2では通常プレイも無双も両方できそうでなによりです。待ってますね。

どうもです(^^)
千里の道も一歩からということで
楽しくも大変な道中がまた始まりましたので宜しくです。
データを分けておくのが一番ですね。両方楽しんで頂ければ嬉しいです(´-`)>


>RDN
>どうも、新年あけましておめでとうございますには大分遅いですが、挨拶させていただきます。
>2の作成も進行しているという事で楽しみな限りです。
>ところで今回は主人公Lv300到達の報告をさせていただきます。
>Lv300でもう一段階覚醒するかな?と思っていましたがそれはありませんでしたね。
>というかLv100になった時のステータス上昇が異常なんですよね。
>あれ1LvでLv100以降の上昇値に換算しても一気に100Lv分くらい上がってますからね。
>まぁLv300までいかなくても一番能力値で劣るデュバル鎧のロゼリーまで
>生身でデュバルのなぎ払い無効化しちゃうような面子なので。
>イメージの中ではチェリーブロッサムで

>酒場チェリーブロッサムの一角、薙澤ビールを一息に飲んだ後、
>二人連れの傭兵の片割れが口火を切る。
>「Dランク装備でデュバルを狩る奴等がいるらしいぜ。」
>「は?そんなのクルマ(戦車)さえ用意できりゃあ珍しくもなんともねえじゃねえか。」
>興味ないね、といわんばかりに持ち込みのサソリ爪肉焼きを頬張る傭兵。
>だがそんな相方に神妙な顔で片割れは話を続ける。
>「いや、それがよー。
> 昼間の単独行動してるのならわかるんだが…奴らは早朝の群れを狩るらしい。」
>これには相方も驚かされたのか、思わずサソリ爪肉の殻を噴出す。
>「はぁ!?群れを!?イカれてるぜ!Dランクでデュバルっていったら
> 昼間の間に群れからはぐれたのをクルマの主砲の一斉射撃で狩るもんだろうが!」
>「しかもさらに信じられねーことにクルマに乗ってるのは一人だけ、
> それ以外の奴は生身なんだと。俺はこの噂ホラだと思うが…お前どう思う。」
>片割れの問いに、噴出した分の肉汁を吹きつつ相方は答える。
>「どう思うも何も…ホラ以外ありえねーよ。
> クルマもなしで、群れのデュバルを狩るなんて。
> 傭兵団の連中ならもっと良い武器使うだろうしな、ありえねーよ。」
>「だよなぁ…でもこの噂の出所、実際に見た奴がいるって話なんだよな、」
>「ははは、どうせその見た奴が誰かわかんねーって話だろ?酒の肴にしかなんねー。」
>あまりの現実味の無さに、
>笑うしか出来ないといった風情で片割れは乾いた笑みを浮かべる。
>「それもそうか…ま、俺達はレッドソーあたりを爽快に吹っ飛ばして
> 美味い酒と飯が食えリャそれでいいってな。」
>「その通りだぜ。妙なデュバル狩りの噂で自分も舞い上がって
> パックリ食われる奴が出ないことを祈るくらいはしてやってもいいかもしれねえがな。」
>そう言って再び薙澤ビールを煽る片割れに、相方は同意する。
>「ははっ、ちげえねぇ。しかしもし本当にそんな奴等が居るなら見ものだろうな。
> 生身と大型変異種のバトルなんて傭兵団にでも入ってなきゃ見れねえぜ。」
>「中型になら突っ込むの見たじゃねえか。TV越しだけどよ。」
>「ああ、あの突撃野郎な…」
>こうして傭兵達の酒精と肉を腹に詰める魂の洗濯は、今日も続いていく。

>みたいな噂になってる感じですね。
>傭兵ギルドの受付だけが内心(またデュバルの討伐D大量に持ち込んでやがる…
>何日がかりの狩りしてるんだこいつら)と思ってるという。
>それはとにかく、とにもかくにも次回作でのエリアの解放が楽しみでなりません。

どうもこんちには~(´-`)/
LV300はちょっとマジデスカ!?
つーかあの娼婦ロゼリッテが生身で竜蛇の一撃を無効化とか凄いw
ロゼリッテが一撃を受け止めているのを想像するだけで噴飯ものですw
で、受け止めた後、にやりと微笑みながらスラリと刀を抜くのですか?
あうあう、誰か漫画描いてw
しかしシステム的に楽しいからという理由のみで限界突破を設けましたが正解ですな。
もしかしたら主人公のおちんちんには厨二的な特殊効果があるのかもw
いやーRDNさんオリジナルのSoB物語がつむがれているようで嬉しいです(´∀`)

LV100突破でステータスが爆発するという報告は何件か頂いていたのですが
そういう意味だったのですね。テストではそんなこともなかったような気がするのですが。
というわけでもう一度テストをしてみる。うん。ステが爆発したw
でも思い出しました。これでいいんです。
確か主人公はここから999まででステがカンストできるような状態に移行するわけです。
RDNさんのSoB世界での小説をありがとう!
ニヨニヨしながら楽しく拝見しました(^^)
SoB2でのエリア解放は目標のひとつなのでがっつりと頑張ります!
 
 
作品

STORM of BULLET
Episode0
EpisodeⅠ
・EpisodeⅡ
 
プロフィール

名前:トサポン太
SoBの作者です。

 
Enty
【 差し入れをする 】
(作品のみ購入可能)
 
検索フォーム
 
管理人用
 
DLsite 24hランキング
Top
Copyright © トサポン太 / Designed by Paroday